コドモのコドモはココで読めるよ
↓↓↓↓↓↓

コドモのコドモのあらすじ

コドモのコドモはかなり衝撃的なストーリーで小学生がまさかの妊娠をしてしまうという展開です。

作者はさそうあきらさんで、もしかしたら現実に起きてしまうかもしれないと思わせるほどです。

小学生の春菜とヒロユキは、公園デビューした頃からのなかよし。

ワンパクでどこか男勝りな少女・春菜。一方のヒロユキは昆虫好きのおとなしい男の子。

そんな二人がある日、公園で“ある事”をした。

「ほら、チンチン動くよーほら」
「きゃはは、超うけるー。くっつけてみる?」

まだ子供だった二人はまだ何も知らず、分らずにやってしまったのだが、この事が後々の大騒動に繋がって行く事になるとはだれも知らなかった。

そう、この日より259日後、持田春菜11歳は出産を経験する事になるのだった……。

「フツーの大人になるんだ」

春菜は周囲の人物と接していく内、大人とは何か、子供を産む事とは何か……様々な事を考え、学んでいく。

そして普通の大人になる事を心に決めるのだった。

無論、彼女はまだ自分が出産するなんてこと、夢にも思っていない。

けれどその時は確実に近付きつつあった。誰も知らない中で、彼女のお那珂の中で育ちゆく子供。

もしその時が来たら春菜はどうすればいいのか。

一方、大人の女性と憧れている女子高生・朋子さんも妊娠していた。だが彼女は、

「あたしもう決めたから。堕ろすって……腹決めたから」

彼女も同じ決断をすべきなのか否か……

こんな小学生の妊娠を描いた衝撃作の「コドモのコドモ」はスマホで読む事が出来ますよ。

まずは無料立ち読みで気軽に試し読みしてみてくださいね!

作品詳細はコチラコドモのコドモ

コドモのコドモの感想

コドモのコドモはさそうあきらさんの作品で実写化もされて話題になった人気作品です。では本作の魅力は何処にあるのでしょうか。

kodomonokodomo

主人公の春菜はまだ11歳の女の子。でもある日、友達のヒロユキとあそこをくっつけたこことで妊娠してしまい、出産を体験する事になってしまう。

当然、小学生の彼女が出産など非現実的で、有り得ない事かもしれない。でも、彼女は持ち前の明るさで、この苦難を乗り越えようとする。

小学生の妊娠に出産という重い題材ながらも、家族愛や友情を巧く描き、笑いを絶えさせないで楽しませてくれる作品と感じました。

いやはや、現代日本では低年齢での出産が増え、結果として育児をまともに出来ない段階で母親になってしまう~といったケースが多々あるそうです。

流石に小学生の段階でというのはあまりないでしょうが、本作を読むと何か色々と考えさせてくれる気が致します……。

とか小難しい事を考えず、気軽に是非一度読んでほしいですね。先述の通り、テーマは思いですが、序盤の雰囲気は非常に明るく、日常モノのような明るく楽しいノリなのが好感。

コドモのコドモは一度読み始めると先の展開がどうなってしまうのか気になってしまう展開です。

実写化もされていますので、原作に触れてみるというのも面白いですよ♪

スマホで今すぐ立ち読みできるよ
↓↓↓↓↓↓

スマホ用QRコード

当サイトにパソコンでアクセスした時は、以下のQRコードをスマホで読み込めばすぐに無料立ち読みできますよ♪
kodomonoko