セフレの品格-プライド-はココで読めるよ
↓↓↓↓↓↓

セフレの品格のあらすじ

セフレの品格は湊よりこさんが描く同窓会で再会した男女が体の関係だけで繋がり続けるというストーリーです。

北田一樹とは3時間前に高校の同会で再会したばかり。楽しく二人でお酒を飲み、笑い合っていた。

でもそんな彼と今はホテルのベッドの中、お互い一糸纏わぬ姿になり、求めて貪り合う。

「あんた、責められるのが好きなんだ」
「あ……嫌ぁ」

彼の愛撫は心地よく、胸やアソコ……敏感な場所を的確にじっくりねっとりと嬲る様に責めてくる。

――そう、4年ぶりのセックスは最高だった。子持ちでバツ2の私・抄子は、当然ながらもう男性との肉体関係を持つ機会は早々ない。

最初の夫とはすでに別れ、ひとつ前の夫とも離婚している。

……だからだろう、こんなにも早く、一樹と出会っただけで、彼の顔を見ただけで胸をときめかせてしまい、離している内に段々と彼に惹かれているのを感じてしまったのだ。

「ホテルに行こう」

酔った抄子にそう彼が甘く囁いた時、彼女はこれが最後のチャンスだと思い、そのまま彼に従ってしまった。

しかし、抄子一樹への愛が深めていったが、一樹は、

「愛はいらない、体の関係だけでいい!」とセフレとしての関係性のみを求めた。ショックを受けた彼女だが、彼を忘れられず……

そんな2人の体だけの繋がりが続いていくドライな関係の中で恋は芽生えるのだろうか?

作品詳細はコチラセフレの品格-プライド-

セフレの品格を読んだ感想

セフレの品格を読んでみましたが、かなり衝撃的な展開です。そんな感想をご紹介します。

sefure1

本作は湊よりこさんの作品で配信されており、スマホ向けの配信サイトのまんが王国では人気ランキング上位に入っています。

主人公はいわゆるバツ2の経歴を持つ子持ちのママさん抄子です。でも彼女はまだ若く、美しく、男を求めてしまうお年頃。

ただ、そんな時に出会った、再会した初恋の男性・一樹。

彼と肉体関係を持つも、彼女に「セフレになるなら入れてやるよ」

何て言ってきた。プライドの高い彼女は、

「セフレになんて絶対ならないわ」

そうきっぱり断言するのですね。でも彼は。

「セックスなんてただのスポーツだって。楽しくやればいい。大人だからこそ出来る関係だ」

そう告げます。2人の相反する主張。セックスに対する価値観の違いが、どうしても二人の関係を一歩距離を置いたものにしてしまっているのですね。

どちらが正しいとは断言できませんが、そんな大人二人の関係を描いた作品です。

大人の恋愛って難しい。本作を読むとそう思うかもしれませんね。

愛する事と抱く事は違うんでしょう。2人の関係がどうなるのか、是非とも一度ご覧ください♪

スマホで今すぐ立ち読みできるよ
↓↓↓↓↓↓

スマホ用QRコード

当サイトにパソコンでアクセスした時は、以下のQRコードをスマホで読み込めばすぐに無料立ち読みできますよ♪
sefure