つまり不倫なんてする奴ははココで読めるよ
↓↓↓↓↓↓
つまり不倫なんてする奴は

つまり不倫なんてする奴はのネタバレ

不倫をするようなヤツなんて……人の気持ちもリスクも考えられない。……まぁつまりアレだ。不倫する奴はバカだろ?

俺はそう信じていた。仕事でそういった者達を山ほど見てきているので毎回うんざりしている。

車から一人、望遠レンズで覗いた先。真夜中に赤い車の中で若い男女が激しくSEXしていたのだ。

tsumarifurin1

男の指には女性と愛を誓い合った結婚指輪。女の指にはない。そう、不倫だ。俺はその事実を証拠に収め、携帯で連絡し、報告する。不倫調査――それが俺の仕事だ。

と、俺の仕事はさておき、ある日、俺の住むマンションの隣室に若い夫婦が越して、俺に挨拶しにきた。驚いたぜ……相手はあのクミだった。

クミは俺の幼馴染みであり、中学の時、彼女が転校していって以来だから、15年ぶりのことだった。一切連絡を取り合わず、俺は今の妻・ヒカリと結婚し、クミも素敵な彼氏を見つけて結婚している。

感慨深いものがある……のだが、俺は何処か空虚感を感じ、昔を思い出していた。幼少期から中学まで、クミと過ごした日々。俺の手を引き、笑うクミ。涙を流すクミ……やっぱり俺はまだ。

tsumarifurin6

と、その夜の事だった。俺は寝室でヒカリとともに聴いてしまう。くぐもった女の艶っぽい声を。

「お隣さん、越してきたばかりでこのマンション、壁薄いの気付いてないみたいね」

ヒカリの説明でわかった。クミの喘ぎ声だ……クミが、クミがシている……この薄い壁の隣で……俺の初恋の相手が!

作品詳細はコチラつまり不倫なんてする奴は

つまり不倫なんてする奴はの画像

tsumarifurin2
隣に引っ越してきた夫婦は何と初恋相手のクミ夫婦だった。そしてこの日から彼の中で何かが変わり始めていく!

tsumarifurin3
壁の向こうから聞こえてくるクミの喘ぎ声。我慢できなくなってヒカリを抱いて火照りを鎮める事に…。

2015-02-18_130355
クミの事を思うたびに光を抱いていく。最早彼の頭の中にはクミの事しか見えていないのだった!

スマホで今すぐ立ち読みできるよ
↓↓↓↓↓↓
つまり不倫なんてする奴は

スマホ用QRコード

こちらのQRコードを読み取る事でスマホで今すぐ立ち読みできますよ♪
tsumarifurinnante-m-f