催眠の湯はココで読めるよ
↓↓↓↓↓↓
催眠の湯

催眠の湯のネタバレ

催眠の湯のストーリーをネタバレ解説してきます。

画像も交えてあらすじを紹介するので、是非ともご覧ください!

俺は今、妻と彼女の実家である温泉旅館で番頭見習いとして働いている。

だが、何でこんなこんな事になったのか。彼女の母親を始め、女将たちと肉体関係を結んでしまった……。

それは昨晩のこと。

saiminnoyu9

「これ、見つけたんだけど。催眠アプリだって」
「え、面白そう~やってみて~」

義理の妹である彼女が笑って言う。ジョークアプリだしな。

そこで俺は大女将や彼女の妹たちに向かい、

「貴方達は俺の事が好きでたまらなくなる。見かけるとエッチな事をしたくなってきます」

アプリを起動してやってみた。

でも特に効果はないようだ。はは、そうだよな。アプリでそんなことができたら苦労しないわ。

でもそんなやり取りをした後、一人で風呂に入っていると、

「ほんとにいい湯ですね」

なんで!?

「なんでって駄目……?」

義妹である彼女が裸で俺にくっついてきた。無論、今迄こんな事した記憶も無い。

おまけに、

saiminnoyu7

「身なりだけではないようですね?婿殿」

俺を婿殿というのも妙だが、俺のアソコを触ってくる大女将。どういうことだ?

おまけに義母まで俺に迫ってきて、あのアプリがジョークアプリじゃ無かったことを知ってしまう。

こんなリア充生活な展開で楽しめる「催眠の湯」はスマホで無料立ち読みできますよ。

是非とも一度気軽に楽しんでみてくださいね♪

スマホで今すぐ立ち読みできるよ
↓↓↓↓↓↓
催眠の湯

スマホ用QRコード

当サイトにパソコンでアクセスした時は、以下のQRコードをスマホで読み込めばすぐに無料立ち読みできますよ♪
saiminnoyu-m-mk