巨乳バレーボール部員を神聖なコートでビッチ化してやるぜフハハはココで読めるよ
↓↓↓↓↓↓
巨乳バレーボール部員を

巨乳バレーボール部員を神聖なコートでビッチ化してやるぜフハハのネタバレ

巨乳バレーボール部員を神聖なコートでビッチ化してやるぜフハハのストーリーのあらすじを画像付きでネタバレ解説します。

「おじさん、どうして?」
「それはな。お前がやりマンの身体をしているからだよ」

ああ、最高だ。俺は今、女子高生の……バレー部員の少女を犯している。

それもこれも、先日の事、俺がとある学園の労務に呼ばれた事に始まった。

kyonyuujkbolly1

無職で暇を持て余していた俺が断る理由はなく、即採用。

で、働き始めたのだが、周りは可愛いJKばかり。最高だ。

中でも、体育館で日々青春の汗を流すバレー部の少女達は何というか……めっちゃ食いたい。

熟れた体。キツそうな体臭。俺にとっては最高の獲物だった。

特に目を惹くのはバレー部の部長。異常にでかい胸と高い身長。短めな髪型から、何処かボーイッシュな感じもする。

kyonyuujkbolly2

俺は彼女に媚薬入りのジュースを飲ませる事に成功、そして放課後、俺は彼女を犯した。

「い、嫌ぁ……」

初めは抵抗していた。当然だろう。まだ誰にも触られた事も無ければ、全くの未経験。

生娘だったみたいだからな。それをこんな用務員のオヤジに触られ、処女を奪われるのはさぞかし苦痛だろうな。

kyonyuujkbolly3

「……本当におじさんを満足させれば、ほかの部員には手を出さないんですね?」

ああ、本当だ。彼女の上着をめくり、手に収まりきらないほどのお○ぱいを揉みしだき、答える。

そんな巨乳バレーボール部員を神聖なコートでビッチ化してやるぜフハハはスマホでいつでも無料立ち読みできますよ!!

スマホで今すぐ立ち読みできるよ
↓↓↓↓↓↓
巨乳バレーボール部員を

スマホ用QRコード

当サイトにパソコンでアクセスした時は、以下のQRコードをスマホで読み込めばすぐに無料立ち読みできますよ♪
kyonyuujkbolly-m-h