幼なじみの飼育、はじめました。はココで読めるよ
↓↓↓↓↓↓
幼なじみの飼育、はじめました。

幼なじみの飼育、はじめました。のネタバレ

幼なじみの飼育、はじめました。のストーリーのあらすじをネタバレ解説していきます。

「うっわ。雨かーついてねぇ。って岩崎。お前、傘持ってきてんのか?さすが委員長は準備が良いねー」

「だから何?たまたま家が隣だからって、入れてもらえると思ってるの?悪いけど私、これから熟があるから。あんたみたいな劣等生と違って」

そういってそそくさと立ち去る岩崎ひなた。ああ、この始末。成績優秀で容姿端麗、クラスの委員長を務める万能女子校生は、幼馴染みの俺に滅茶苦茶愛想が悪い。

仕方無く、俺はずぶ濡れ覚悟で1人、走って帰宅した。帰宅後は早々に一風呂浴びて、着替えも済ます。

「じーさーん、メシー。あれ?いない……ん、なんだこれ?地下室?」

同居している祖父を探しに部屋へ向かうが、そこで見つけたのは怪しげな階段。初めて見る地下室に興奮する俺。

人体模型の標本やフラスコなどの研究器具を始め、如何にも研究室と言った感じの場所だ。だが、なによりも、

「ん?女の子?」

裸の美少女が一人、ふかふかとでかい水槽の中に浮かんでいた。

「なんでこんなところに……」

この時、俺は知る由も無かった。じーさんが女の子を人工的に創造し、しかもその子は岩崎ひなたそっくりで、しかも俺にべた惚れになり、エッチをする事になるなんて……

そんな「幼なじみの飼育、はじめました。」はスマホで無料立ち読みできますよ♪

スマホで今すぐ立ち読みできるよ
↓↓↓↓↓↓
幼なじみの飼育、はじめました。

スマホ用QRコード

当サイトにパソコンでアクセスした時は、以下のQRコードをスマホで読み込めばすぐに無料立ち読みできますよ♪
shiiku-m-k