恋糸記念日はココで読めるよ
↓↓↓↓↓↓
恋糸記念日

恋糸記念日のネタバレ

恋糸記念日のストーリーのあらすじをネタバレ解説していきます。

俺が恋した相手はどじっこの管理人さん!

時々見せる子供っぽい表情が凄く可愛くて、それでいてアンバランスなほどに大人びたグラマラスなボディ。

特に張りのある弾力感豊かで、メロンを彷彿させるほど大きく豊かに実った双丘、もといオッパイは最高としか言えない。

そんな彼女に惚れている俺は、しょっちゅう彼女を見てはエッチな妄想をしていた。

koiito1

で、幸か不幸か、俺は管理人さんが俺を膝枕している時に、フル勃起させてしまう。

ドン引きされただろう。そう思った俺は咄嗟に、

「か、管理人さんじゃなきゃ!こんなになりません!」

都合のいいことを言って告白してみた。無理だろ。そう思ったが、彼女は俺に返事代わりに熱いキスをくれた。

「お姉さんをドキドキさせた責任、ちゃんと取ってね」

マジで!?うっひょぉ!で、憧れの管理人さんとエッチ三昧!

koiito3

【ひめぎつね】
とある高校の演劇部。俺は幼馴染の姫乃と放課後、演劇の練習をしていた。

彼女は性悪な子狐の役。

「今まで悪戯してごめんなさいって言ってみろ」
「えっ?や、やだよ。そんなの」
「言わないと、姫野のパンツ脱がしちゃうぞー」

そういってスカートをめくる俺。完全にセクハラおやじ気分。

koiito4

「わ、わかった」
まあそんなこんなで白熱する演劇の練習。熱が入り過ぎて

こんなエッチなストーリーが満載の「恋糸記念日」はスマホで無料立ち読みができますよ♪

スマホで今すぐ立ち読みできるよ
↓↓↓↓↓↓
恋糸記念日

スマホ用QRコード

当サイトにパソコンでアクセスした時は、以下のQRコードをスマホで読み込めばすぐに無料立ち読みできますよ♪
koiito-m-h