愛を乞うより、獣の罰にひざまずけはココで読めるよ
↓↓↓↓↓↓
愛を乞うより、獣の罰にひざまずけ

愛を乞うより、獣の罰にひざまずけのネタバレ

愛を乞うより、獣の罰にひざまずけのストーリーをネタバレ解説していきます。

僕、碧(あお)には秘密があった。それは……、私が男のフリをした女である事。

そう、私は昔、母様に「これからは男として生きる様に」そう言われて以来、ずっと男装をし、男性として生きてきた。

兄と二人、何とか今迄生き延びて来たものの、未だに寝ていると思い出してしまう悪夢。

崩れ去る家。その中で、私を最後まで心配し、崩れゆく屋敷の中に取り残された両親の姿……。思い出すだけで涙があふれ出てくる。

けど、あまり後ろ向きな考えばかりでもいられない。

10年前、両親を火事で亡くして以来、男として生き、兄と二人、今は静かに生きてるんだ。

転々と移住する日々ではあるものの、今日からまた新しい街での生活が始まる……。

気持ちを切り替えなきゃ。トイレの中でそう思っていた刹那、男子トイレの個室から梅木声が聞こえてくる。

具合でも悪いのかと心配するあまり、声をかけてみると、中では若い男女がセックスをしていた。

男も女も僕には全く気付く様子も無く、一心不乱に腰を振っている。

しかし、時計を思わず落として音を立ててしまい、気付かれてしまった。しまったと思った時には時遅く、

「お前も混ざれよ。一緒にやろーって言ってんだ。三人で」

男はそういって手を引く。

そして、一方では碧を狙う謎の男達が迫りつつあった。両親の話していた、彼女を狙う者とは?

こんな展開の「愛を乞うより、獣の罰にひざまずけ」はスマホですぐに無料立ち読みできますよ。

まずは一度気軽に読んでみてくださいね♪

スマホで今すぐ立ち読みできるよ
↓↓↓↓↓↓
愛を乞うより、獣の罰にひざまずけ

スマホ用QRコード

当サイトにパソコンでアクセスした時は、以下のQRコードをスマホで読み込めばすぐに無料立ち読みできますよ♪
kemononobatsu-a-a