籠の中の禁愛飼育はココで読めるよ
↓↓↓↓↓↓
籠の中の禁愛飼育

籠の中の禁愛飼育の画像付きネタバレ

籠の中の禁愛飼育は大正時代を舞台にしたラブロマンス系のTL漫画です。女性向けの作品なので恋愛要素たっぷりですよ!

作者は千花キハと言い、当時の背景を上手く描きながら平成の時代とは違った恋愛観を楽しむ事が出来る作品です。

そんな「籠の中の禁愛飼育」のあらすじを画像を交えてネタバレ解説していくので、是非ともご覧ください♪

――時は大正時代。物語は、とある美少女が田舎から上京してくる場面より始まる。

kagononaka4

……私・春川すずは、ある用事があって暗い夜道を一人で歩いていた。

年頃の娘がこんな時間に1人というのは、あまりにも不用心だったのだろう。人相の悪そうな男が数人、私に絡んできた。

「なあ。ひとり?」「こんなに暗いのに一人なんてあぶねぇよ」

困惑する私。丁寧に申し出を断るも、彼等は鼻から私の言い分など訊く耳を持っていなかったらしい。

私にじりじりと近寄ってきて、逃げ出そうとする私を強引に捕える。

そして、私の着物を強引に脱がしていき、胸を露わにして揉み始めた!?

「やぁっ……やめてっ……」

嫌……ッ。こんな人たちに、外でされてしまうなんて絶対に……。

「下も可愛がってやらねえとな」

男達は私の初めてまで奪おうとし始め……、何とか隙を突いて逃げる事に成功したものの、ここ数日何も食べていないので空腹で倒れてしまう。

だが倒れたのが料亭の前で、そこに中から出てきた若い男性に拾われる事となるのであった!

「大丈夫か?」

kagononaka3

颯爽と現れ、私を助けてくれたのはある財閥の当主・花房要という美青年。

着飾らない性格に、類稀なる容姿と財力を兼ね備えた彼に私は拾われ、行く宛てもなかったので付いて行く事に。

「腹をすかせてケガをして、まるで野良ネコだな」そんな事を口にする彼。

「安心しろ。俺はお前を、猫ぐらいにしか思ってない。その猫が汚れたまま、足を穢しているからな。洗ってやらねば」

以後、御屋敷で私は彼に可愛がられるようになり……。

作品詳細はコチラ籠の中の禁愛飼育

籠の中の禁愛飼育の画像付きレビュー

籠の中の禁愛飼育は千花キハ氏が描く、女性向けのTL漫画作品です。

ティーンズラブに当る本作ですが、Rentaや各コミックサイトにて絶賛配信中。

全3話ですか。比較的に値段も安いので読みやすく、レビュー数も多い本作。是非一度読んで欲しい作品ですね。

kagononaka9

時代は大正時代が舞台で、御曹司に拾われた女性・すず。彼女は自分を猫扱いする美青年に仕える事になり、日々朝から晩まで奉仕していくというお話し。

ただ、サンプルだけだと分からないのですが、すずはこの後、遊郭に入れられて客をとったり、色々と目まぐるしく展開が進んでいきます。

御曹司である花房と日々イチャイチャしまくるお話のように見えて、そうではないんですよ。

二転三転する展開と、背景や着物がきっちりと描かれた本作。その辺りがレビューでも好評ですね。

もうすこし花房という青年を中心に描いて欲しいという声もあるようですが、この辺りは尺の都合と、好みですかね。

kagononaka8

まあでも、メインになる男女の胸キュンな恋愛・エッチを見たくて読んでいる人が多い訳で、ぶっちゃけ遊郭とかに行かされる展開はあまり必要ない様な気も。

とかそんな事いっちゃダメですね。すずは可愛いし、花房さんはイケメンだしで、美男美女の恋愛は楽しめますよ。

そんな「籠の中の禁愛飼育」はいつでもスマホで無料立ち読みができるので、まずは気軽に一度読んでみてくださいね♪

スマホで今すぐ立ち読みできるよ
↓↓↓↓↓↓
籠の中の禁愛飼育

スマホ用QRコード

当サイトにパソコンでアクセスした時は、以下のQRコードをスマホで読み込めばすぐに無料立ち読みできますよ♪
kagononaka-m-k