花街愛戯はココで読めるよ
↓↓↓↓↓↓
花街愛戯

花街愛戯のネタバレ

花街愛戯のストーリーをネタバレ解説していきます。

「やめて!」

私の悲鳴や抵抗など構わず、男は強引に上着を脱がしていく。露わになる胸……。

『……往生際が悪い。さっき自分で言った事をもう忘れたのか?』

こんな男に抱かれるなんて……どうして……こんなことになってしまったの……?

そう、私、蓉子(ようこ)は代々古くからとある屋敷に住んでおり、いわゆるお嬢様暮らしをしていたのだが……、ある日を境にそれが激変する事になる。

その話をしに来たのは木戸英輔。古くから知ってはいるものの、酷薄で人情味の薄い人間な為、私は堂にも好きになれない男だった。

しかし、彼の話によると私の家は破産したらしい。

「ええ。そして、その債権は私が買いました。ですから貴女には借金を返していただきたいのです。蓉子お嬢様。失礼。元お嬢様ですか」

更に私の父が近日中に逮捕され、婚約者である梶井家の方は「当方には関係ない」と縁を切られてしまったらしい……。

「貴女はもう何をするにも私の許可が必要なんですよ」

私の運命は……自由は彼に全て握られてしまった。その上、彼は私に働けと言う。

「ええ。ですから私の店に勤めるのはいかがですか?この界隈では最高級の娼館です」

娼婦になる事を強要されてしまった私。

おまけに、梶井家の人間に電話をするも、出て貰えず……。

私は彼に抱かれ、その上、多くの男性を相手する娼婦になる事に……。

こんな展開の「花街愛戯」はスマホで無料立ち読みできるので、是非一度ご覧ください!!

スマホで今すぐ立ち読みできるよ
↓↓↓↓↓↓
花街愛戯

スマホ用QRコード

当サイトにパソコンでアクセスした時は、以下のQRコードをスマホで読み込めばすぐに無料立ち読みできますよ♪
hanamachi-a-a