AV監督が僕のカノジョな件はココで読めるよ
↓↓↓↓↓↓
AV監督が僕のカノジョな件

AV監督が僕のカノジョな件のネタバレ

AV監督が僕のカノジョな件のストーリーを画像付きでネタバレ解説していきます!

「この男優さんね。チンポはでかいんだけどねぇ。もっとこう……私をムラムラっとさせてくれるプラスアルファが足りないのよね♪」

はぁ。麻里依さんが今、僕の部屋で彼女の作品を見て、評価してる。

ちなみに今見ていたのは彼女が出演していたAV。そうだ、僕の彼女はAVのトップ女優にして、AV監督。

avkantoku8

「こうすけ君、みさおちゃんの事が好き……?」

指摘されてかああぁと赤くなる僕の頬。困った事に今、僕は女優の彼女が、みさおちゃん(AVでの麻里依さんの名義)のことが大好きだ。

「この前、こいうすけ君とからませてもらってわかったの。あなた、筋が良いわ。あなたならAV男優のカリスマになれる……かもしれない」

『……そ、そんな……カリスマなんて。ぼ、ぼ僕はみおさちゃんの手伝い……ちょい役ぐらいでじゅうぶん……んは!?』

そんな事を言っていたらみさおちゃんが僕のでかくなったチンポをズボンから取り出し、おもむろにシコシコ扱き始めた。

avkantoku9

「そんなのもったいないわ♡あなたはまだ自分のSEXがどれだけ女を悦ばせてるか、自分でわかっていないの。それを今日、自覚して貰いたくてきたの」

彼女は自分の上着のボタンを外し、おっぱいを曝け出し、僕のチンポを口で扱き始める。

舌で筋を舐めつつ、奥までストロークさせ……ああああああ、流石トップAV女優。気持ち良すぎるよぉ……。

AV監督が僕のカノジョな件はスマホで無料立ち読みできるので、是非とも一度読んでみてください!!

スマホで今すぐ立ち読みできるよ
↓↓↓↓↓↓
AV監督が僕のカノジョな件

スマホ用QRコード

当サイトにパソコンでアクセスした時は、以下のQRコードをスマホで読み込めばすぐに無料立ち読みできますよ♪
avkantoku-m-f